島根の鉄道で3題話「オンラインツアーで出雲へ」「創業110年の名門鉄道」「MaaSで維持する地域づくり」【コラム】

2022.02.19

2016年に一畑電車86年ぶりの新造車両としてデビューした7000系電車。JR四国の7000系をベースに、電気機器類はJR西日本225系を流用することでコスト削減を図っています(画像:一畑電車、島根県観光連盟)

箱根登山鉄道、大井川鐵道、銚子電気鉄道、伊予鉄道、JR釧網線――。最近の本コラムは地方鉄道づいています。コロナ禍で地方鉄道の経営環境が悪化しているのは、皆さまご存じの通り。斉藤鉄夫国土交通大臣も2022年2月8日の会見で、「地域公共交通の持続性を高める方策について、有識者検討会を設置して今夏までに方向性を取りまとめたい」と発言しています(初会合は2022年2月14日に開催されました)。

今回のテーマは島根県の鉄道、さらには関連する話題。JR東日本グループのルミネが主催する「オンラインの島根ツアー」、出雲大社へのアクセス鉄道「一畑電車」、JR西日本が邑南町で実践する「地方版MaaS」を、3題話にまとめました。

出雲オンラインツアーで伝統芸能の石見神楽を鑑賞(ルミネ)

ルミネは新宿や大宮、北千住などで駅ビルを運営するJR東日本のグループ企業。コロナの2020年に始めたのがオンラインツアーの「旅ルミネ」で、2年目の2021年度は島根への旅を連続して企画します。

2022年2月6日に配信したのが「おうち旅ルミネmeets出雲」。島根県中西部の出雲市と浜田市を目的地に「窯元での民芸談話」「日本酒とチョコレートのご当地グルメ」「一夜干しカレイの骨はずし」「石見神楽鑑賞」の4つの体験メニューを用意しました。

旅ルミネは「本物の旅の予行演習」。参加者には事前に出雲の食材が配送され、インターネットで生配信される現地映像を見ながら、現地の人と一緒に調理したり食事したりで旅気分に浸ります。東京―出雲市間は、JR東日本などが運行する電車寝台特急「サンライズ出雲」が結びます。「コロナが収束したらサンライズで島根へ。それまではルミネ店舗で島根産品の購入を」と呼びかけます。

須佐之男命vs大蛇 神楽の迫力に浸る

石見神楽を代表する演目「大蛇」。大蛇は竹で蛇腹状の骨組みをつくり、和紙を貼りあわせて伸縮させます

メニューからワンポイント、「石見神楽」をご紹介しましょう。起源ははっきりしませんが、平安時代末期から室町時代初期に始まった「大元神楽」に演劇の要素が加わって、現在のような興業スタイルになったと伝わります。

主な演目は「大蛇(おろち)」「塵輪(じんりん)」など。昔話のヤマタノオロチとして知られる大蛇は、諸国漫遊していた須佐之男命(すさのおのみこと)が、毒酒を飲ませて大蛇を退治する物語。八つの頭で襲いかかる大蛇を撃退する、ハイライトシーンは迫力満点です。

ツアーでは、毎週末に神楽が演じられる三宮神社(浜田市)の下岡望宮司が、ポイントを解説。ルミネ旅はビデオでしたが、魅力は十分に伝わりました。

鉄道の話題も少々。JR山陰線米子―益田間には、石見神楽のラッピング列車が走ります。車両はキハ126系2両編成。JR西日本米子支社と島根県観光振興課の共同企画で、運行開始は2012年です。2020年のリニューアルでは、内装に「恵比須」に登場する、事代主命(ことしろぬしのみこと)が描かれました。

JR山陰線に運行される石見神楽のラッピング車両=イメージ=。ドア部分には「鬼」、車体には「大蛇」が描かれます(画像:JR西日本)

次ページ県都・松江と出雲大社を結ぶ「ばたでん」


LINEで送る

オススメ記事