「SLばんえつ物語」運転開始 2022年はGW最終日まで「ヘッドマークなし」のサプライズ

2022.04.09

「SLばんえつ物語」を牽引する「C57 180」(写真:JR東日本新潟支社)

磐越西線の新津~会津若松間を行く「SLばんえつ物語」今シーズンの運転が始まった。2022年の運行日は、4月9日(土)~9月25日(日)の土日、ならびに5月4日・5日、8月11日。予約は「えきねっと」から申し込める。

「SLばんえつ物語」を運行する新潟支社のInstagramアカウントによれば、今年は「鉄道開業150年」特別企画としてゴールデンウィーク最終日の5月8日(日)まで、全ての運行日で「ヘッドマークなし」で運転するという。同様の企画は昨年の「SLクリスマストレイン」でも好評を博した。

同社は「ご乗車の際は、停車時間などでめずらしいヘッドマークなしの姿をお楽しみください」「沿線で撮影の際には引き続きマナーを守っての撮影をお願いいたします」と呼びかける。

なお、「SLばんえつ物語」の牽引機である「C57 180」は、2022年秋から2023年夏ごろまで車両の定期検査・整備を行う。期間中は「SLばんえつ物語」定期運行もお休みの予定。「平成」の歴史を記す車体の検査標もまもなく見納めとなる。


LINEで送る

オススメ記事