雨の日が続く東京、できるだけ濡れずに移動したい_そんなときに注目したいルートとサービス

2022.07.15

史上最速の梅雨明けかと思いきや、予想外の雨の日が続くニッポン列島。

低気圧が日本海を東よりにすすみ、前線が西日本から東日本へ延びることで、関東でも激しい雨が予想されるなか「できるかぎり雨風にあたらずに移動したい」と思ってる人もいるかも。

そこですぐに思い浮かぶのが、地下ルート

たとえば東京駅。新幹線や在来線の電車を降りて、次の目的地へ地下鉄で行く場合、地上へ出ずにひたすら地下道を伝って地下鉄駅へ行くという人もいる。

JR東京駅は、東京メトロ大手町駅、都営地下鉄・メトロ日比谷駅、メトロ二重橋駅、メトロ有楽町駅などと地下道でつながっている。

やや遠回りだけど、東京駅から地下道を伝って銀座駅までも行ける。だから、都心の地下鉄のほとんどに、ここ東京駅からアクセスできる。

JR新宿駅も、メトロ西新宿、都営 都庁前、メトロ新宿三丁目、西武新宿などと地下道でつながってるから、駅で急なゲリラ豪雨や直射日光の強い日などは、こうした地下ルートを使って移動してもいい。

都営とメトロの接続駅は改札通過サービスも

また、都営とメトロが接続する駅などには、改札通過サービスもあるから、うまく使って濡れずに移動したい。

たとえば都営大江戸線とメトロ日比谷線が接続する六本木駅や、都営大江戸線とメトロ東西線が接続する門前仲町駅などでは、改札通過サービスが利用できる。

交通系ICカード利用者は、都営大江戸線 門前仲町駅またはメトロ東西線 門前仲町駅を双方の駅構内を通過して、目的地近くの出入口を利用できる。電車に乗らず改札を通り抜けるだけはNG。

―――こうした改札通過サービスも、地下ルートの距離が伸びるぶん、雨風をしのげる。気になる人は各駅の公式サイトやGoogleマップをチェックしてみて。

投稿バラエティLINE LIVE「しゃべ鉄気分」でも関連投稿いろいろ!

毎週水曜18時からライブ配信される鉄道チャンネル 投稿バラエティLINE LIVE「しゃべ鉄気分」は、みんなが Twitter や LINE に投稿した鉄道の話題でトークし、飯テロやガジェット系トレンド、経済ニュースなどまで脱線する、ライブ配信番組。

Twitter投稿の場合は「#しゃべ鉄」をつけて投稿を。初めての人もお気軽に投稿バラエティLINE LIVE「しゃべ鉄気分」へ参加してみて。

また、同じ内容を鉄道チャンネル公式YouTubeチャンネルでも配信中。アーカイブ配信もあり。こちらもチャンネル登録してチェックを。

LINE LIVE /YouTube「しゃべ鉄気分」は来週も水曜日18時から配信。気になる人は「鉄道チャンネル LINE LIVE」で検索! お楽しみに!

画像:まちゃー / PIXTA
絵図:東京メトロ


LINEで送る

オススメ記事