近鉄に足湯列車

2018.08.10

近鉄は、車内で足湯が体験できる「足湯列車」を10月から期間限定で走らせる。

運行区間は 近鉄名古屋~湯の山温泉(直通運行)。近鉄四日市駅でも乗降できる。

運行日は、10月6日から2019年2月24日(日)までの土日祝。運転時間は、第1列車が近鉄名古屋駅10時06分発(湯の山温泉駅11時22分着)、第2列車が湯の山温泉駅16時05分発(近鉄名古屋駅17時23分着)。

車両は、観光列車「つどい」。その2号車に、菰野町商工会 青年部が製作足湯キット4人用2台を設置。足湯の湯は、菰野町が湯の山線沿線にある菰野温泉の源泉から運行当日にくんでくる。

定員は56名。観光列車料金は大人500円、子ども(小学生)250円。別途、乗車区間に応じた乗車券が必要。足湯利用は、当日車内で足湯利用券(大人、子ども(小学生)とも100円)が要る。足湯利用券を利用者は、開湯1300年記念タオルがもらえる。

TAGS


LINEで送る

オススメ記事