JR渋谷駅で約53時間半の大工事へ 山手線内・外回りを同一ホームに……23年1月7日・8日は運休や運転本数減

2022.10.18

1月7日・8日の運転計画(画像:JR東日本)

JR東日本は2022年10月18日、渋谷駅の山手線外回り線路切換工事予定を発表しました。工事期間中の2023年1月7日・8日(2日間)は山手線外回り大崎~池袋間が運休となり、山手線内回りや他の路線にも影響が出る見込みです。

渋谷駅では2015年から駅改良工事が行われており、今回をもって同駅の山手線内・外回りホームが1つになります。工事時間は約53時間30分の予定です。

<工事時間帯>
2023年1月6日(金)22:00~9日(月・祝)初電
<列車運休時間帯>
2023年1月7日(土) 初電 ~8日(日) 終電

山手線外回り大崎~池袋間以外では、1月7日・8日ともに、山手線外回りの池袋~東京~大崎間も本数を大幅に減らし、大崎駅で東京方面に折り返します。また内回りの池袋~渋谷~大崎間も本数を減らし、一部列車は池袋駅で上野方面に折り返します。

京浜東北・根岸線では快速運転を中止、埼京線・りんかい線は新木場~大崎~赤羽間を増発、相鉄線の直通列車は新宿~池袋間を延長して運転します。

また、埼京線・湘南新宿ラインの線路を使用し、恵比寿・渋谷に停車する大崎~新宿間の臨時列車を運転するということです。


LINEで送る

オススメ記事