作品をお披露目する小杉さん。2023年4月からは美術系専門学校への進学を予定します(筆者撮影)

イベントなどを切り口にした首都圏鉄道の〝乗り鉄・撮り鉄ガイド〟。2回目は千葉県の準大手私鉄・新京成電鉄の登場です。新京成のおすすめポイントは、沿線の高校生が2023年の干支(えと)の卯(うさぎ)をモチーフにデザインした、「新年ヘッドマーク電車」の運転です。運行期間は2023年1月1~15日。

2022年12月14日には、デザイナーの高校生を鎌ヶ谷市のくぬぎ山車両基地に招いた記念撮影会が開かれました。ガイド前半は撮影会の模様、後半は新京成からご提供いただいた写真とともに、下総台地を走る鉄道の魅力を探ります。

5回目の新年ヘッドマーク 船橋北高美術部員の苦心作

新年を表現するディープイエローで背景を仕上げた鈴江さん(筆者撮影)

地域密着や話題づくりを狙った、新京成の干支ヘッドーマークは2019年にスタート。松戸方から松戸、鎌ヶ谷、船橋、習志野の4市にまたがる沿線の高校から各年1校ずつにデザインを依頼。今回は三咲駅が最寄り駅という、千葉県立船橋北高校の美術部員がデザイン担当しました。

できあがったヘッドマークはご覧の通り。松戸方先頭車、沿線特産のナシを抱えるウサギをデザインしたのは3年生の小杉知聖(ちさと)さん。京成津田沼方先頭車、富士山の初日の出と神棚、そしてウサギをデザインしたのは2年生の鈴江遥大(はると)さんです。

顧問の先生によると、新京成から学校側に連絡があったのは2022年9月のこと。2学期は修学旅行などの学校行事で多忙な中、自ら手を挙げた2人は制作期間約1ヵ月半で作品を仕上げました。

完全なアナログ作品

一見するとパソコンソフトで描いたようなきっちりしたデザインですが、聞けば画用紙に下書きしてアクリル絵の具で着色した完全なアナログ作品。ウサギが月を抱えているようにも見える小杉さんの絵は、よく見るとヘタがあってナシと分かるのがミソ。ウサギを若干ぼやかして描き、ナシとの遠近感を表現します。

鈴江さんの作品は、ウサギの顔が鏡餅ですね。背景の神棚は「昔、神様が動物たちに競争させて十二支を選んだ」という言い伝えにちなんでいます。

レタリングに新京成のこだわり

2人の作品に共通する新京成らしさは? 答えが分かった方は、相当な新京成ファンでしょう。

答えは「謹賀新年」の色。新京成のコーポレートカラーのジェントルピンクで、車体カラー(車体下部)に重なります。

ヘッドマークは縦55センチ、横75センチ。マークを付けるのは、1986年から運行する8800形1編成(6両)。今回は松戸―京成津田沼間の新京成線内で運用します。

記念撮影会で2人は、「多くの人に見てもらえる鉄道に、作品を発表できてうれしく思います」、「今、駅ではスマートフォンを見ている人がほとんど。もっと電車に目を向けてもらえればうれしいですね」と話しました。