千葉県に本社を置くいすみ鉄道は8日、「キハ28 2346」の運行を終了したと発表しました。今後については「国吉駅に保存する予定」としています。

<関連記事>
定期運行を終了した最後の「キハ28」 栄光の歴史をたどります いすみ鉄道は名車を3Dデータで保存【年末年始の乗り鉄・撮り鉄ガイド①】
https://tetsudo-ch.com/12862688.html

キハ28 2346は1964年に製造された急行型気動車です。国鉄時代には山陰地方で急行列車として活躍、JR西日本時代にはワンマン化改造を施され、北陸地方で運用されていました。

ADVERTISEMENT

廃車後はいすみ鉄道に渡り、2013年3月から運行を開始。レストラン列車として観光鉄道の屋台骨を支えてきましたが、車両維持に多額の資金が必要であること、走行エンジンや冷房エンジンの部品確保が困難を極めることなどから、昨年11月27日に定期運行を終了していました。

(写真:いすみ鉄道)