「JR東海の乗務員・駅係員たちが身体を休める休養室の大半に、エアウィーヴ airweave の東京2020五輪大会選手村マットレスが導入されています」(JR東海)

JR東海やJR九州の乗務員たちが休むベッドには、東京2020オリンピック・パラリンピックの選手村で使われたベッドマットレス1万8000床の一部が転用され、洗浄・リペアを経て、いまも乗務員たちの眠りをサポートしている。

エアウィーヴ airweave は、東京2020オリンピック・パラリンピックの選手村に 1万8000 床ものベッドを提供し、アスリートに最高の睡眠をサポートし、9割の選手が「よかった」と実感。

ADVERTISEMENT

さらに大会終了後は、公共性の高い施設・団体に寄贈し、持続可能な社会の実現にも貢献した実績を高く評価され、次のパリ2024オリンピック・パラリンピック競技大会オフィシャル寝具サポーターに就任。

パリ2024組織委員会が示した「ベッドマットレスはフランス国内でリユース・リサイクルすること」「ダンボールベッドはフランスの国内で製造し、フランス国内で再資源化すること」を条件に、エアウィーヴ airweave がパリ2024五輪選手村に導入される。

エアウィーヴ airweave パリ2024大会モデルの特長

エアウィーヴ airweave パリ2024大会モデルは、表裏で硬さが異なる3つのパーツで構成。

腰のパーツを硬くすることで腰への負担を軽減したり、肩のパーツを柔らかくすることで寝返りをしやすくしたり、体形に合わせてカスタマイズができる。

カバーはボックスシーツ式を採用し、各パーツにインナーカバーを取り付けたことで、前大会の選手村に提供したファスナー式のベッドマットレスよりもカバーのつけ外しやパーツの組み替えがよりかんたんに。

また、カバーも中材もすべてリユース・リサイクルできる素材を使用し、パリ2024大会の目標であるサステナビリティの実現に貢献していく。

2023年秋、ホテルニューオータニ東京に初導入

エアウィーヴ airweave 高岡本州 代表取締役会長兼社長は、ホテルニューオータニ東京 鳳凰の間で開いた発表会で、このパリ2024大会の選手村に提供するベッドマットレスを、ホテル向けにアレンジ・進化させたモデルを開発。

その最初の導入先として、ホテルニューオータニ東京が決まったことを伝えた。2023年秋から順次導入されるという。

眠りのよさは東京2020大会・パリ2024大会採用で実証済み。3分割で扱いやすく、メンテナンスもかんたんということで、人材不足に悩むホテル業界からも注目を集める気配。

パリ2024モデルを日本国内エアウィーヴ200店舗で展示、一般向けモデル販売も!

また、パリ2024大会の選手村に提供するベッドマットレスは、日本国内のエアウィーヴ200店舗に順次展示。

さらに一般販売も予定し、「お客様にもトップアスリートと同じ寝心地を体感いただけます」という。

「また、今後はこの技術を応用した一般向けモデルも開発をすすめ、これまで以上にお手入れがかんたんで、カスタマイズしやすい寝具をお客様にお届けします」(エアウィーヴ airweave 高岡本州 代表)