東海道新幹線史上初の「新幹線プロレス」(提供:JR東海)

東海道新幹線の「貸切車両パッケージ」を活用し、2023年9月18日、「のぞみ371号」車内で史上初のプロレスマッチが行われた。

鈴木みのる選手 vs 高木三四郎選手という好カード。JR東海によれば、チケットは販売開始から約30分で完売、75名の乗客が参加したという。

開催前、主催のCyberFight 高木三四郎 代表取締役社長は、「なぜ新幹線でプロレスを行おうと考えたのか?」という質問に対し、次のように答えていた。

ADVERTISEMENT

「DDTプロレスはリングがない場所、例えば本屋やキャンプ場などでプロレスをする「路上プロレス」という試合を以前より多数、様々な場所で行ってきました。

そんな中、昨年末に「東海道新幹線の車両の貸し出しを行う」というニュースを拝見し、

『新幹線車内でプロレスを実現できたら面白いのではないか』

というアイデアがすぐに湧いてきました。

その後、窓口となっていたJTB様経由でJR東海様とも協議を重ね、時間をかけて慎重に検討いただいた結果、ご理解をいただき無事に新幹線プロレスを行う運びになりました。

こんなところでプロレスをやるの?と思われる場所でも試合を行ってきたのが『路上プロレス』です。そうした意味で史上初となる「新幹線プロレス」は夢とロマンが詰まった試みであり、戦う私達も今から楽しみで仕方がありません」

新幹線パンチが炸裂!意外な助っ人の参戦も

新幹線プロレスの会場となる「のぞみ371号」は13時9分に東京駅を出発した(提供:JR東海)

新幹線プロレスは井上リングアナのアナウンスから始まり、品川駅で高木三四郎選手が登場。鈴木みのる選手が姿を見せないというハプニングもあったものの、新横浜駅から乗車したことで試合開始となった。新幹線の通路上で2人は激闘を繰り広げる……

試合中には「のぞみ」最高時速285キロと115キロのパンチを組み合わせた「時速400キロ新幹線パンチ」など新幹線プロレスらしい技も繰り出された。意外な助っ人たちの参戦も車内を盛り上げ、東海道新幹線名物の硬いアイスやシウマイ弁当も試合の中に組み込まれた。

新幹線名物の硬いアイスやシウマイ弁当は選手たちが美味しくいただいた(提供:JR東海)
こんなイベント列車にも車掌が来るのか……と思いきや!?(提供:JR東海)

試合展開についてはDDT ProWrestling(@ddtpro)がSNS「X」で実況したほか、参加した乗客らもハッシュタグ「#新幹線プロレス」などで投稿しているので、興味のある方は要チェック。9月24日には有料のPPV配信も行われる予定だ。

【関連リンク】