阪急電鉄が、住友商事および独立行政法人国際協力機構(JICA)とともに、マニラ首都圏における都市旅客鉄道 Manila Light Rail Transit System Line1(以下「LRT1 号線」)の運営・保守事業に協同して取り組んでいくことが発表されました。

住友商事が間接保有するLRT1号線の運営・保守事業を行うLight Rail Manila Corporation(以下「LRMC」) の株式の一部を、阪急電鉄とJICAに譲渡する形で、他株主と共に共同事業を行う形になります。

【参考写真】南部延伸区間を試験走行する車両 (住友商事・阪急電鉄リリースから)

経済成長・人口増加が続くマニラでの鉄道インフラ整備

フィリピンは ASEAN 諸国の中でも高い経済成長を誇り、今後数十年にわたり人口増加が続くと予測されています。その一方で、同国のマニラ首都圏は ASEAN 諸国の中でも最も渋滞が深刻な都市の一つとされており、公共交通網の整備を喫緊の課題として、新規路線を含む鉄道インフラの整備が進められています。

ADVERTISEMENT

LRT1号線は約20キロメートルの路線長を持つマニラ首都圏の重要な交通網の一つであり、LRMCは、急速に増加する交通需要に対応すべく、2015年に旅客鉄道事業に参画しより質の高い鉄道運行、輸送力の拡充に取り組んでいます。2024年中には約7キロメートルの南部延伸区間が開業し、5つの新駅が設置される予定です。

住友商事は2020年にLRT1号線に出資参画し、LRMCの安定的な経営に資する取り組みや、スペアパーツ調達支援などを通じ、LRMCの価値向上に取り組んできました。

阪急電鉄は、日本の大手民鉄として初めて海外鉄道事業に本格参入します。将来的には、フィリピン市場において阪急阪神ホールディングスグループの他事業との連携も模索していきます。

JICAは主にフィリピン政府に対する円借款の供与及び技術協力を通じて長きに亘りマニラ首都圏の鉄道整備を支援してきました。過去には円借款「LRT1 号線増強事業(1)、(2)」にて輸送力の増強を実施、現在は円借款「マニラ首都圏大量旅客輸送システム拡張事業」にて車両の調達や車両基地の整備を実施中です。

マニラ首都圏 路線図

■LRT1号線の概要
開業年:1984年
施設保有者:フィリピン運輸省傘下Light Rail Transit Authority
※2015年よりLRMCが運営・保守を実施
路線 :ケソン市フェルナンド・ポー・ジュニア(旧ルーズベルト)駅から パサイ市バクララン駅間約20キロメートル
駅数:20駅

■LRMC社概要
正式名称:Light Rail Manila Corporation
所在地:フィリピン パサイ市
株主:Metro Pacific Investments Corporation / AC Infrastructure Holdings Corp. / Macquarie Infrastructure Holdings (PHILIPPINES) Pte. Limited / 住友商事株式会社
事業概要:LRT-1号線の運営・保守事業

民鉄初の海外での鉄道運営に本格的に関わる事業になりますので、阪急電鉄には日本の都市交通事業で培った強みや知見を生かしての参加を期待されています。今後の進捗に注目しましょう。

(鉄道チャンネル)

【関連リンク】