新潟港での車両譲渡の様子(写真:JR東日本)

JR東日本は3日、2024年3月27日にタイ国鉄(SRT)へキハ40形およびキハ48形計20両を譲渡したと発表しました。

タイ国鉄は営業キロ4,044kmの路線網を有していますが、空港連絡線を除く路線は全て非電化です。譲渡車両は今後、タイ国内で活躍し、輸送力強化に貢献するということです。

「今後もタイ国鉄との関係強化を図り、タイにおける社会課題を解決しながら事業機会の拡大を目指します」(JR東日本)

ADVERTISEMENT

JR東日本グループは2024年4月1日から、外国人技能実習生受入事業「JR 東日本 Technical Intern Training」で、タイからの技能実習生6名を受け入れています。

【関連リンク】