【私鉄に乗ろう 47】富山地方鉄道市内軌道線 その3

2018.03.17

南富山駅前停留場から2系統大学前に向かいます。7000形7015号の運転台。

富山駅までは同じ経路です。荒町停留場で最新型T100形電車”サントラム”(2015年から営業運転しているT103)とすれ違います。現行の7000形は、いずれこのT100形に全て置き換えられる予定です。

富山駅前の支線接続点、このまま左に行くこともできそうですが、

いったん富山駅に入ってスイッチ・バックする様です。南富山駅前の手前ですれ違ったアッサリした7012号が南富山駅前に向かって出てきました。

大学前行は左の線路に入ります。

ホームには既に1両停車しています。

方向転換して大学前に向かいます。

ごく一般的な7020号とすれ違います。

富山駅前の繁華街を進みます。

0.4kmで新富町停留場。東京メトロ有楽町線の新富町駅と同じ駅名ですね。2016年(平成28年)にバリアフリー化とホーム上屋が作られました。

0.3kmで県庁前停留場。8000形電車とすれ違います。8000形は車号が読み難いので何号か分かりません。

新富町停留場と同様のバリアフリー化+ホーム上屋の停留場です。停留場の左に富山県庁があります。

0.4kmで丸ノ内停留場。停留場の先で大学前方面は右にカーブします。環状線は左折します。

2系統大学前行は右折して西に向かいます。

0.3kmで諏訪川原停留場。2017年11月に自動車が停留場に衝突したため「クルマ避け」の部分が工事中の様になっています。

【私鉄に乗ろう 47】富山地方鉄道市内軌道線 その4 に続きます。

(写真・記事/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事