あれ!? 物件がまるっと消えている

2018.04.18

おかしいなあ。物件がまるっと消えている。

現場は東京都千代田区丸の内3-6、第3有楽橋架道橋(東海道線 第3有楽橋ガード)。

1910(明治43)年に開業した国鉄 有楽町駅や東京レンガ高架橋は、耐震補強工事と改良工事が行われている。

現存するレンガ造連続アーチ鉄道橋としては最古の部類に入る区間にあった、あの店も消えていた。

いま、このアーチ構造を保ちながら耐震補強を施す、鉄筋コンクリートボックスラーメン構造「RC内巻補強」がすすむ。この現場も、RC内巻補強が施されていた。

鉄道チャンネルニュースでも、その模様を1年前に伝えていた。

【写真レポ】有楽町駅のレンガアーチ、耐震補強工事を見る

この記事の一番最後に、こんな写真を掲載していた―――。


LINEで送る

オススメ記事