阪神なんば線開業10周年記念ラッピング列車 運行開始

2019.01.15

阪神と近鉄は、3月20日(水) に阪神なんば線開業及び阪神・近鉄の相互直通運転開始から10周年を迎えることから、利用者への感謝の気持ちを込めた10周年記念企画を実施します。

阪神なんば線は、2009年3月20日に結ばれた西九条〜大阪難波間(3.8キロ)と、それまでの西大阪線(尼崎〜西九条間)を総称する路線として開業しました。これにより、阪神と近鉄の相互直通運転が開始、三宮(現:神戸三宮)から近鉄奈良間を一本の列車で移動することが可能になりました。

開業初年度から利用者が毎年前年度を上回る好調裡に推移、2017年度には一日平均約9.5万人が利用しました。

阪神ラッピングトレイン 近鉄10周年記念ロゴ掲出列車 運行開始

阪神と近鉄は2019年1年間をこれを記念するイベントやキャンペーンを実施します。第1弾は10周年記念ロゴを作成、1月16日(水)から阪神車両のラッピング列車と記念ロゴマークを掲出する近鉄車両の運行を開始します。詳細は10周年記念特設サイトをご覧ください。

《10周年記念ロゴ》
阪神車両・近鉄特急のカラーをイメージするブルーとオレンジを使用、両社の線路がつながったことを連想させるデザインです。

《阪神ラッピング列車》
名称:阪神なんば線開業10周年記念列車

運行開始:1月16日(水) ※約2年間の運行を予定

運行区間:阪神本線(梅田〜元町)、阪神なんば線(尼崎〜大阪難波)、神戸高速線(元町〜西代)を中心に、 相互直通運転している、山陽電鉄線(西代〜山陽姫路)や近鉄線(大阪難波〜近鉄奈良)でも運行予定。

編成:1編成 6両・1000系車両

デザイン: 阪神なんば線の開業によりつながった神戸と奈良を初め、阪神電車が走行する沿線各地のイメージを、各車両にイラストレーションで表現。阪神沿線に縁のあるイラストレーターたかいよしかず氏と山崎秀昭氏に「イラストを見て電車に乗っておでかけしたくなるように。」という思いを込めて描いていただきました。
また、10周年記念ロゴを各車両に配置するとともに、車両ヘッドマークにも使用します。

《近鉄記念ロゴマーク掲出列車》
名称:阪神・近鉄つながって 10 周年記念ロゴ列車

運行開始日:1月16日(水) ※約1年間の運行を予定

運行区間:近鉄線(大阪難波〜近鉄奈良)及び阪神線(大阪難波〜神戸三宮)
※ 車両運用の都合上、近鉄線(京都〜橿原神宮前)を運行することがあります。

編成:1編成 6両 1026系車両

イメージ:

関西に行って、実車を見たくなっちゃいますね〜。


LINEで送る

オススメ記事