【norijiの鉄視点 014】新幹線で名古屋まで! 名物モーニングを初体験

2018.05.23

5月2週目の週末、名古屋でわたしお目当てのフェスが開催されるということで、1泊3日弾丸名古屋旅(自腹)に行って参りました。

「わたし、お金あんまりないんで深夜バスで行こうかと思ってます」と鉄道チャンネルに電話で報告したところ、

「新幹線の中で仕事したらバス代とトントンじゃない!」と。

そうか、鉄道チャンネル取材班としての理想の姿、ここは大好きな鉄道のなかで鬼のように働くべきだな!

新幹線代はバス代最安値の5倍と、値が張りますが、ここは未来の自分を信じて使っちゃいましょう!

というわけで5時起きで東京駅に向かい、同駅6時30分発、のぞみ5号で名古屋駅に向かいます。

ここで車両の写真をうっかり撮り忘れるダメライターです、すいません~。

確実に座って仕事するためにバッチリ指定席、意気揚々とノートPCを開きます。

カタカタ……カタカタ……10分も経ってないところで、ううっ、乗り物酔い。

結局車中ぐったり、全く仕事進まずじまいで、新幹線代も稼げず。

富士山も見るために一番右の窓側の席をとったのに、雨雲に隠れてまったく見えないし。

まぁわたしの人生なんてこんなもんですかね。

投げやりになりつつも、定刻通り8時11分に名古屋到着!

名古屋駅から少し歩いて、おしゃれカフェでモーニングも考えたのですが、あいにく強烈雨女パワー発揮。

午後からの雨予報だったのに、すでに雨降ってます。

もう、雨の中歩きたくないから名古屋駅直結のエスカで決定!

しかしこのエスカ、侮ってはいけません!

結論からいうと、わたしの名古屋旅はエスカに始まりエスカに終わったというほど、もはや超大好きスポットになったのです。

そして今回は、「大須ういろ」という、ういろう屋さん直営のカフェ、喫茶むらやまでモーニングに決定!

なんてったって、注文すると「ういろ」がサービスでついてくるっていうんですから、しょっぱなから名古屋感アガるチョイスでしょう。

ういろう屋さん併設のカフェですが、意外にメニューの種類が多いことに驚かされます。

<ご希望のお客様には、「ういろ」をお付け致します。お申し付け下さい。>

あー、人見知りのわたしに、超えなければいけない高いハードルがひとつ。

注文をとりにきた店員さんが背中を向ける前に「ういろ」への想いを伝えなければいけない。

イメトレ、イメトレ。

「小倉チーズトーストセット、ホットコーヒーで、う、ういろもお願いします」

言えた……

無事にわたしの元にかわいいういろちゃんが届きました。

あとでよく考えたら愛知のモーニングってコーヒー1杯の値段にトーストやらゆで卵やらついてくる、っていうのが名物なのに、730円のメニュー頼んでました。

いわゆる”モーニング”ではなく、普通のセットを頼んでしまったようです!

観光客がはまりがちな勘違い!

まぁ、ういろも、小倉チーズトーストも美味しかったんで、そんなことはどうだっていいんですよ。

このコンビ合うのかなぁと疑問に思っていましたが、チーズって基本的に、チーズバーガー、チーズフォンデュ、チーズダッカルビなど主役級の活躍が多い中で、

あんこの隣にいるチーズは全然主張してこなくて、塩分とまろやかさを良い塩梅に追加する引き立て役に徹していました。

現代の理想の夫婦関係ってこういうこと。

女性が一歩引いてばかりの関係は終わったの。

普段、社会の荒波の中で大黒柱であるチーズはバリバリ働くけれど、時にはあんこという妻を夫が引き立ててこそ、ふたりともが輝ける人生を……。

脳内の自分が調子に乗ってきたので、偶然隣に座った名古屋が地元だという老夫婦に、夫婦が長続きする秘訣ってなんですか?って聞いたんです。

不満があってもストレートに言わず、「オグラート」に包んで伝えること、ですって。

お後がよろしいようで。
 
 
noriji

TAGS noriji


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです