小田急電鉄など3社、自動運転関連の実証実験へ

2018.05.25

小田急電鉄、神奈川中央交通、SBドライブは5月24日、自動運転技術を活用した実証実験の実施などで協業に関する協定を締結。

今年度は、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(神奈川県藤沢市)、江の島(神奈川県藤沢市)でSBドライブの自動運転関連技術を活用した実証実験を行う。

SBドライブが開発をすすめている遠隔運行管理システム「Dispatcher(ディスパッチャー)」は、遠隔地から複数台の車両ごとの運行管理が可能なシステム。車内外の映像のモニタリングや車両の遠隔操作、緊急通話などの機能を備える。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです