羽越線 中条駅 橋上駅舎と自由通路、7月21日供用開始

2018.05.30

羽越線の中条駅(新潟県胎内市中条町表町)で2016年8月からすすむ西口周辺整備事業。

JR東日本が新たに設置中の橋上駅舎は、7月21日から供用を開始する。

この新たな橋上駅舎は、胎内市の名産 チューリップを柱のデザインに取り入れ、自由通路階段吹き抜け部に並べて配置。

駅舎壁面(東口)には、胎内市に縁の深い板額御前をモチーフに、胎内市の伝統、歴史、文化を表現した駅舎デザインに。

新設するバリアフリー設備は、エレベーター4基(各ホーム1基、自由通路東西口各1基)多機能トイレ、触知案内図など。

また橋上駅舎開業にあわせ、東西自由通路も供用開始。今回の橋上駅・自由通路供用開始後も、西口駅前広場整備は継続し、2019年春の完了させる。


LINEで送る

オススメ記事