ファンの巡礼する聖地【私鉄に乗ろう86】秋田内陸縦貫鉄道again その5

2019.06.20

阿仁川の支流を渡ります。

雪が無い写真を見ると河原は農地になっています。橋の左に北秋田市の田圃アート会場があります。

狭い谷間、山際を走っています。

ブレーキがかかって駅に近づいたことが分かります。阿仁前田駅から1.9kmで前田南駅。

高齢のご夫婦が降りました。駅名標も見えます。1963年(昭和38年)旧国鉄阿仁合線の駅として開業。アニメ映画「君の名は」(2016年)に登場する架空駅に酷似しているらしくファンの巡礼する聖地となったそうで、硬券入場券が鷹巣駅。阿仁合駅、角館駅で販売されています。

雪景色は静かです。ディーゼル・エンジンのくぐもった音だけが低く唸っています。

2.0kmで小渕駅。

ホーム、待合室と駅名標。1936年(昭和11年)旧国鉄阿仁合線の駅として開業しています。

同じ様な風景が続きます。写真では些か退屈かもしれませんが、ディーゼル機関の低い音を聞きながら白い世界をゆっくり進んでゆくのは、何ものにも換え難い不思議な高揚感があります。

山際で動くモノは木々に積もった雪が落ちる白い流れだけです。

では、【私鉄に乗ろう86】秋田内陸縦貫鉄道again その6 に続きます。

(写真・記事/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです