JR四国の国鉄形電車121系、消える前に乗っとこうツアー

2018.06.01

JR四国がマニアックなツアーを企画した。題して「跳ねろコイルバネ!唸れ MT-55!! 121系四国色でゆく 復刻サンシャトル号ツアー」。

ツアー実施日は7月28日。ツアー名のとおり、国鉄が四国むけに製造した121系近郊型車両に乗って、高松から伊予西条への1往復する旅。

旅行代金は大人9800円、子ども8500円。募集人員は70人。6月15日からワープ高知支店・JR四国ツアーで発売する。

同社は今回のツアーの「おすすめポイント」をこう伝えている。

(1)残り少なくなった121系四国色での貸切運行(2)多度津駅以西の予讃線内を通過運転(3)四国鉄道文化館ではツアーに合わせてフリーゲージトレイン車内を特別公開(4)JR 四国発足時に使用していた「サンシャトル」のヘッドマークを装着して運行(5)長時間停車の駅で撮影時間を設定(6)ツアー参加のお客様限定キーホルダーとトートバッグをプレゼント。

121系は、2018年度末をめどに、7200系電車へのリニューアル工事・型式変更を完了する見込み


LINEで送る

オススメ記事