ホンダジェット、日本でもきょうから販売_5億8000万円

2018.06.06

「ついに、ホンダ創業の地である日本で販売を開始することができ、心よりうれしく思っている」(ホンダ八郷隆弘代表取締役社長)

ホンダの航空機事業子会社ホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company/HACI)は、小型ビジネスジェット機「HondaJet Elite」をきょう6月6日から国内で販売する。価格は5億8000万円。2019年前半の納入開始をめざす。

販売は、丸紅エアロスペースをディーラー「HondaJet Japan」に指定。販売・整備・機体の運用サポートなどの各種サービスを行う。HACIは、国土交通省 航空局に対し、ことし5月に機体の型式証明を申請している。

HondaJetは、ほかのビジネスジェット機にはない独自の設計思想で、主翼上面にエンジンを配置し、空力的に大きな効果を得られる最適な位置と形状を備えているのが特徴。

このエンジン配置で、胴体にエンジン支持構造を必要とせず、内部スペースを最大限利用でき、クラストップの広い客室と大容量の荷物室を実現。

客室は、素材の質感、造形、構造などにこだわり、高い安全性、静粛性、安定性、乗員に快適な空の移動を実現させた。

国内で販売する HondaJet Elite は、従来のHondaJetに対し、約17%の航続距離延長(+396km)、エンジンノイズを低減させる新インレット構造の採用などで、静粛性を向上。

アビオニクスシステムや安全性制御をさらに進化させ、燃費・最高速度・最大運用高度・上昇性能・航続距離・静粛性・室内サイズなど、すべての主要性能項目でクラス最高水準を実現している。

こちらの記事もオススメです