小田急線登戸駅に「ドラえもん」装飾

2019.02.08

小田急は、川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムの協力を得て、2019年2月26日(火)から小田急線登戸駅において、ドラえもんのキャラクターによる装飾を実施します。

今回の装飾は、「ドラえもんたちのいる すこしふしぎな駅」をコンセプトに、国内外で大人気の「ドラえもん」の世界に入り込んだような空間を演出します。多くの利用者に「ワクワク感」を感じてもらい、川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムおよびその最寄駅の一つである小田急線登戸駅の利用促進への期待をこめて実施されるものです。

一部壁面には、デジタル技術を活用した遊び心のあるコンテンツが設置されます。

「登戸駅 ドラえもんキャラクター装飾」概要

《開始日》
2019年2月26日(火)

《場所》
小田急線 登戸駅

《実施内容》
①改札階:壁面、駅名標、エレベーター、デジタルサイネージ、ドラえもん等身大フィギュア、ゴミ箱 等
②ホーム階:待合室内ベンチ、駅名標、エレベーター、ゴミ箱 等
③その他:コインロッカー

小田急線登戸駅は、2017年度の一日平均乗降人員は16万人を超え、全線で第5位です。2018年3月に実施したダイヤ改正から「快速急行」が新たに停車するようになり、新宿駅からの所要時間が最速16分となったほか、終日の列車停車本数も大幅に増加するなど、利便性やアクセス性が大きく向上し、駅利用者も増加しています。

TAGS 小田急 ドラえもん


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです