御茶ノ水、飯田橋、千駄ヶ谷のホーム大改造、工事着々【動画】

2019.02.16

中央緩行線の黄色い電車がとまる飯田橋と千駄ヶ谷。快速と各駅停車が同一ホームで乗り換えできる御茶ノ水。

この3駅が、東京オリンピック・パラリンピック開催にあわせて、進化中。

千駄ヶ谷_東京体育館側に新ホーム

千駄ヶ谷駅は、1964年東京オリンピックのときにつくった東京体育館側臨時ホームを再活用し、臨時ホームを新宿方面専用ホームに。いまある島式ホームは千葉方面専用ホームにして、2面2線化する。

飯田橋_新宿側200メートル先に新ホーム

飯田橋駅の既存ホームは、急曲線・急勾配の途中にあり、電車とホームの間が大きく開いていたり、ホームが傾斜してたりする。これを解消するべく、ホームを10両編成1編成ぶん、新宿側に移す。すでに新しいホームや上屋が出現しはじめている。

御茶ノ水_線路直上にコンコースを新設

神田川の右岸ぎりぎりにある御茶ノ水駅は、耐震強化工事や駅改良工事が進行中。線路直上に新たなコンコースを置き、聖橋側(秋葉原側)とお茶の水橋側(新宿側)を段差なくつなぐ駅にする。このコンコースも出現し、ホームと新コンコースを結ぶエスカレーターが動きはじめた。


LINEで送る

オススメ記事