日本初! ありそうでなかった新感覚バーが東京・三田に出現_セルフ、キャッシュレス、スタイリッシュな自由酒場

2019.03.05

肉汁ジュワーッ! ソーダー割シュワーッ!!

各テーブルに置かれたロースターでジュージュー焼いて、さらに各テーブルに置かれた炭酸サーバーでシュワーッと入れて、自分だけのハイボールで、かんぱーい!

「すみませーん」と店員さんを呼ぶ必要もなし、自分たちで自由にiPadでオーダー。そこは新感覚バーベキューフロアって感じ―――。

―――ここは東京・三田。目の前が慶応大学という三田通り沿いに、日本初の新感覚バーが出現。

その名も「トリ&ハイ」。なにが日本初かっていうと、セルフ式ハイボール、キャッシュレス、スタイリッシュの3つがそろった酒場ってとこ。

モノトーンでそろえたきれいな店内に入ると、各テーブルに炭酸サーバーとロースター、そしてiPadが置いてある。この3つで、すべてが完結しちゃうってところが、新しい。

じゃあさっそくってことで、3800円のコースを

テーブルにあるiPadをさわると、コースがラインナップ表示される。

おもしろいのは、「ドリンクは30分単位の飲み放題方式」ってとこ。最初は60分で受け付け。以後30分単位で延長できて、30分580円、60分1160円、90分1680円、120分2180円とあがっていく。

これは、学生も社会人も、男子も女子も問わず、うれしいとこ。安心して、予算を気にせず自由に思う存分、自分の入れ方で、呑める。

で、今回は3800円のコースを試してみる。3800円で、上質な鶏肉の「国産銘柄鶏の盛り合わせ」と飲み放題がセット。鶏は、朝挽きの国産地鶏にこだわり、総州古白鶏、大山鶏、美桜鶏の3種類を、部位や調理法によって使いわけてくれる。

今回の「国産銘柄鶏の盛り合わせ」では、せせりやひざ軟骨、レバーが新鮮でびっくり。好きな順番で、ジュージューやって、好きなタイミングで炭酸サーバーをシュワシュワーッ!

糖質オフメニューでジム帰りの学生や社会人も通うとか

この「トリ&ハイ」、メニューラインナップは糖質オフが多いとこが人気。

ジム帰りの社会人や学生も通い、店員に「すみませんーん」もいわなくていいし、自分流のハイボールがつくれるからってことで、自由と糖質オフを求める20代に注目されてるとか。

しかも、BGMも小さめだから、バーのような雰囲気も味わえて、自由にジュージュー、シュワシュワー……。

新鮮な鶏肉をジュージュー、大好きなJameson Irish Whiskeyをシュワーッとやりながら、もう一品。

美人女性が店長&オーナーで、どこかなんか安心

おすすめは、「焼きサバ入りポテトサラダ」(単品480円)。

定番のポテサラと、なぜか焼きサバの味が、マッチする。こっちもウイスキーにあう!

―――地鶏焼きのけむりと炭酸サーバーのむこうに、三田通りの喧騒。

ありそうでなかった新感覚バー、東京・三田「トリ&ハイ」。

若くて美人な村田春菜代表取締役が、店長・オーナーであるってことも、なんか、安心だよね―――。
 
 
<トリ&ハイ>

住所:東京都港区芝5-14-17 白蘭ビル1F

アクセス:三田駅から徒歩6分

営業時間:
月~金 17:00~24:00(LO23:00)
土 17:00~23:00(LO22:00)

定休日:日曜、祝日

運営会社:エルライ株式会社

こちらの記事もオススメです