線路の上を跨ぐビル?!新たな鉄道ビュースポット「ダイヤゲート池袋」が竣工

2019.03.25

本日、線路の上を跨ぐビル「ダイヤゲート池袋」の竣工式典と内覧会が行われました。

 

「ダイヤゲート池袋」とは、西武鉄道株式会社が保有するエリア最大級のオフィスビル。低層部分は商業施設、4〜18階には西武グループ3社を含むオフィスフロアで構成されています。

 

西武鉄道池袋線の線路上空と西武鉄道所有地の線路西側の用地を活用した、日本で初めてとなる「線路を跨ぐ超高層ビル」です。

 

2階のダイヤデッキには、ビルの真下を通り抜ける列車を眺められるスペースも。新型特急車両「Laview(ラビュー)」の入線も見ることができました。

 

鉄道の運行図表であるダイヤグラムをイメージさせる特徴的な外観で、菱型に包む鉄骨ブレースが陽光を受ける輝きは “ダイヤ” を、電車が建物の下をくぐり抜ける様子を “ゲート” で表現しています。

 

撮り鉄さんにはたまらない、新たな鉄道ビュースポット。池袋駅には多くの車種が入線してくるので見飽きないですね!

 

鉄道チャンネルMC:柏原美紀


LINEで送る

オススメ記事