阪神 神戸三宮駅 1番3番線に可動式ホーム柵、2番線になぜホーム柵をつけないか?

2019.06.11

阪神 神戸三宮駅のホーム外側に、可動式ホーム柵が出現。

阪神電鉄は、神戸三宮駅の1番線(梅田方面)と3番線(元町方面)に可動式ホーム柵を、2021年春までに設置する。

可動式ホーム柵は、大開口(二重引き戸)型。一部の範囲は従来(一重引き戸)型も設置する。

2面3線の神戸三宮駅、まんなかの線のホームドア設置はなぜ計画がないか。

この2番線は、阪神の車両と近鉄の車両が停車し、それぞれ扉位置が一定ではないため、現時点では可動式ホーム柵の設置が技術的に難しい。同社は今後も設置にむけた検討を継続していくという。

TAGS 阪神 近鉄 セキュリティ/デジタル/IoT/API


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです