東京2020オリンピック開催中、東京圏路線の終電延長をJR東日本が検討

2019.07.03

JR東日本は、東京2020オリンピック・パラリンピック開催期間中、東京圏路線の終電の延長を検討している。

終電延長期間は、2020年7月24日~2020年8月9日を予定。

現在、終電を30~60分ほど延長することを検討している路線は、京浜東北線、中央線快速電車、中央・総武線各駅停車、武蔵野線、京葉線、常磐線快速電車、常磐線各駅停車、埼京線、横浜線(競技日のみ運転予定)、青梅線(競技日のみ運転予定)。

終電を90分ほど程度することを検討している路線は、山手線、東海道線、横須賀線、総武快速線、総武本線、内房線、外房線、宇都宮線、高崎線、常磐線(取手~土浦)、八高線 (競技日のみ運転予定)。

具体的な時刻などについては、2020年4月ごろ発表予定。

TAGS ダイヤ改正 JR東日本 ビジネス スポーツ


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです