新宿17:04発、京王ライナー「時差Biz93号」に乗ってみる

2019.07.22

新宿駅17:04発、京王ライナー「時差Biz93号」に乗車してきました。

【関連記事】
臨時座席指定列車「京王ライナー 時差Biz号」運行  7月22日から平日計20日間
【運行開始】通勤が快適に!!「京王ライナー」が朝も走ります

京王電鉄は東京都の「スムーズビズ」集中取り組み期間(本日7/22~8/2、8/19~8/30)にあわせ、時差通勤を目的とした新宿発橋本行・京王八王子行の臨時座席指定列車「京王ライナー 時差Biz号」を運行します。橋本行は16:43新宿発の時差Biz91号、京王八王子行は17:04新宿発の時差Biz93号です。今回は「京王八王子行」に乗車してみました。

チケットを購入

「時差Biz号」のチケット料金は通常の京王ライナーと同じ400円。全席座席指定なので事前に購入する必要があります。もちろんきっぷは駅で購入しても良いのですが、「京王チケットレスサービス」の方が楽なうえに待ち時間もなく座席指定も出来てポイントもついてくる……といいことづくめなのでそちらで購入しました。

座席を指定したらクレジットカード決済で400円ぽちーっと支払いを済ませます。あとは表示された画面をスクショして乗車時に提示するだけ。この他にも別途乗車券が必要になりますが、こちらはPASMOで支払うことにします。

京王ライナーの座席指定券券売機は新宿駅にたくさん設置されていますが、ルミネ口から改札内に入ってすぐのところにもありました。このまま京王ライナーが発車する二番線へと向かいます。

時差Biz号を迎え撃つ

16時50分、京王線新宿駅改札内に入り、ホームにて待つこと数分。時差Biz号がやってきました。見た目は普通の京王ライナーです。さっそく乗車してみましょう。

全ての座席にコンセントが付いているのは嬉しいですね。時差Biz号としての運行は本日からということもあり、お客さんの姿はまばらです。

予定通り17:04に新宿発。京王八王子へと向かいます。17:15には車掌さんの巡回が始まりました。走行音は静か、冷房が効いており、とても快適な空間です。

17:31府中着。ここからは座席指定券なしでも乗車出来ます。時差Biz号はそのまま17:33分倍河原、17:37聖蹟桜ヶ丘、17:40高幡不動、17:46北野……と予定通り運行し、17:49京王八王子着。

車内がとんでもなく快適だったせいか、八王子まで一瞬で到着したような印象を受けました。その後、また都心へ向かう電車に乗ったのですが、余裕で吊革に掴まって新聞を読める程度に空いていたにもかかわらず何だか辛さを感じてしまって……贅沢を知るというのはこういうことですね。

退勤時間の関係でフルタイムの勤め人が乗るのはなかなか難しいかな、という印象の時差Biz号ですが、その難しいことを社会全体でやり通せるようにしようというのが目指すところ。来年の五輪までには16時退勤とか時差出勤をやりやすい空気にしたいものですね。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです