あす8月15日、台風10号の影響で新幹線に運休や直通とりやめ

2019.08.14

東海道新幹線は8月15日、台風10号接近にともない、本数を減らして運転。山陽新幹線との直通運転を取り止める。

山陽新幹線と直通する列車を中心に、8月15日の下記時間帯で一部列車の本数を減らして運転。

【下り】東京駅発 8時台~16時台

【上り】新大阪駅発10時台~19時台

上記時間帯について、おおむね1時間あたり「のぞみ号」7本、「ひかり号」2本、「こだま号」2本(うち1本は東京~名古屋間)の運転に。運休する列車は、上下列車で合計60本程度。

また、台風の影響によってはさらなる運休や大幅な遅延、急きょの行先変更が発生する場合がある。

JR東海は、8月16・17日の朝の時間帯中心に、臨時「のぞみ」号(上り)の追加運転を検討中。

いっぽう、山陽新幹線は、明日8月15日の始発から、新大阪駅~小倉駅間で終日、運転を見合わせる。

このため、東海道新幹線は始発から、山陽新幹線との直通運転をとりやめ、新大阪駅で折り返し運転(東京~新大阪で運転)。

山陽新幹線は小倉駅~博多駅間では、おおむね1時間に1本程度で運転。

また、きっぷの払戻し・変更については、JR東海ホームページトップ「お知らせ」に公開する。

https://traininfo.jr-central.co.jp/shinkansen/pc/ja/index.html

写真 記事:鉄道チャンネル編集部

TAGS JR東海 新幹線


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです