東京メトロ 建設中新駅「虎ノ門ヒルズ駅」報道公開

2019.08.28

「UR×東京メトロメディアツアー」実施

2019年8月28日(水)にUR都市機構と東京メトロは「UR×東京メトロメディアツアー」と題して、日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」の建設現場をメディア向けに公開した。
この企画は、東京メトロが施設や現在施工中の工事などを多くの人たちに、伝えることを目的としている「東京メトロメディアツアー」の一環として行ったもの。

虎ノ門ヒルズ駅建設現場 入口にて

東京メトロ 駅名に ”カタカナ” 使用初 新駅「虎ノ門ヒルズ駅」

日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」は、2020年の東京2020オリンピック・パラリンピック大会開催前の供用開始を目指して建設中の新駅。最終完成は2022年を予定。

鉄道チャンネル関連記事 カタカナ流行り?!日比谷線新駅は「虎ノ門ヒルズ駅」に決定

日比谷線 虎ノ門ヒルズ駅 北千住駅方面ホーム 建設現場

建設位置 : 東京メトロ日比谷線霞ケ関駅~神谷町駅間、東京都港区虎ノ門一丁目 22 番地先

画像:UR都市機構、東京メトロ

駅の形状等 : 相対式ホーム 2 面、計画延長 147m
施工方法  : 開削方法、アンダーピニング工法(現在の日比谷線トンネル直下の施工)

供用開始後イメージ 画像:UR都市機構、東京メトロ

開業時設備:ホームドア、エレベーター付き出入口(各線1カ所)、 改札(各線1カ所+連絡通路1カ所)、トイレ(多機能トイレ)、無料Wi-Fi

開業時に、地下1階にホーム及び改札を設置、また銀座線虎ノ門駅との連絡通路が使用可能となる。
開業後、周辺再開発ビルの進捗に合わせて、地下2階を改札階とし再開発ビルと接続を予定。

2016年2月より工事開始

2016年2月から、既存路線や地盤を補強しながら工事を進めてきた。

土留壁設置状況  提供:東京メトロ
路面覆工仮設状況  提供:東京メトロ
掘削状況  提供:東京メトロ
鉄筋組立状況  提供:東京メトロ

現在は、既設側壁こわし、ホーム設置工事が行われている。

日比谷線直下の掘削、補強工事

地下1階ホームでは、既設側壁が撤去され始めている。

北千住駅方面ホーム
北千住駅方面ホーム 既設側壁の撤去が行われている 鉄の補強壁の向こう側は線路
撤去された既設側壁

地下2階コンコースでは、日比谷線下の補強作業が行われている。

アンダーピ二ング工法での杭打ち作業
地下2階日比谷線下受け状況

2020年の「虎ノ門ヒルズ駅」開業で、約56年ぶりに日比谷線に新駅が誕生することになる。

(写真 記事 鉄道チャンネル編集部)

TAGS 新駅 東京メトロ


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです