埼玉県内初、西武鉄道「高田馬場駅」「所沢駅」に「テレキューブ」を設置

2019.09.17

画像:株式会社ブイキューブ

西武鉄道株式会社と株式会社西武プロパティーズは9月17日、働き方改革推進の取り組みの一環として「高田馬場駅」「所沢駅」の駅構内に「テレキューブ」を設置すると発表しました。 埼玉県内の駅構内にテレワークのためのコミュニケーションブースが設置されるのは初めて(テレキューブサービス株式会社調べ)。

【関連記事】
これは便利!移動中のスキマ時間に「駅」で仕事ができる
https://tetsudo-ch.com/708639.html

「テレキューブ」は『ビジネスパーソンが周囲に気兼ねなく働けるセキュリティの高いコミュニケーションスペース』をコンセプトとするテレワークのためのコミュニケーションブース。

「電話やWeb会議が出来る」「セキュリティやプライバシーを保ちながら話せる」というテレワークのツボを抑えていることから、昨今ではこの「テレキューブ」のようなワークブースをオフィスビルや駅構内に導入する事例も増えています。

高田馬場駅、所沢駅における「テレキューブ」設置期間は2019年9月下旬~2020年9月(予定)。西武鉄道によれば、あくまでも働き方改革推進のための実証実験として設置期間を設けてはいるものの、利用状況等に応じて期間を変更する可能性もあるとのことです。

画像:株式会社ブイキューブ
画像:株式会社ブイキューブ

高田馬場駅では橋上改札内コンコース階に1台、所沢駅では改札内コンコースに2台設置。利用可能時間は8時~20時、利用料は15分につき250円(税抜)。個人で利用する際はあらかじめ会員登録したのち、専用サイトで事前に予約する必要があります。

鉄道チャンネル編集部

TAGS 西武


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです