3世代の特急電車が集う「西武秩父線開通50周年記念セレモニー」 101系の記念運行も 10/14開催

2019.09.25

5000系と101系 写真:西武鉄道

西武秩父線は地域発展の願いを込め1967年7月19日に建設工事を着工。およそ2年3ヵ月の工期を経て1969年10月14日、埼玉県飯能市「吾野」駅と秩父市「西武秩父」駅とを結ぶ19.0kmの路線として開通しました。

2019年は開通50周年にあたりますので、10月14日(月・祝)に「西武秩父線開通50周年記念セレモニー」を開催します。

イベント詳細

10月14日(月・祝)10:00~15:00(予定)(雨天決行・荒天中止)、入場無料。場所は西武秩父駅前広場及び西武秩父駅前温泉 祭の湯駐車場。イベントの一部では西武秩父駅構内も使用しますが、こちらは入場券もしくは乗車券が必要。

ステージイベントでは南小学校区連合育成会による秩父屋台囃子や野坂神輿會の御神輿、皆野民俗芸能奏楽研修会少年部による秩父音頭等の披露。西武秩父線開通50周年記念セレモニー、鏡開き・振舞酒、秩父地域の飲食店出店、記念ポストカードのプレゼント、後述の3世代の特急車両展示などが行われます。

3世代の特急電車が西武秩父駅構内に(13:50~14:25)

西武秩父駅構内に初代レッドアロー5000系前頭部をはじめ、ニューレッドアロー10000系、001系Laviewの3世代の特急電車が集い、展示および出発セレモニーを実施し50周年を盛り上げます。

西武鉄道元社員(5000系レッドアロー運転士)の新井敏三氏によるトークショーも行われます。

101系も記念運行

10月12日(土)~14日(月・祝)の3連休には、開通時に西武秩父線を運行していた101系の記念運行を実施します。

運転時間・運転区間は下記の通り。すべて4両編成で運行します。乗車運賃のみでどなたでもご利用可。

画像:西武鉄道

記念乗車券の発売

記念乗車券デザインイメージ 画像:西武鉄道

開通日の10月14日(月・祝)より、池袋・所沢・飯能・西武秩父の4駅で「西武秩父線開通50周年記念乗車券」を発売します。

発売期間は同日5:00~2019年12月31日(火)終電車まで。発売金額は1セット1,000円。セット内容はオリジナル台紙+D型硬券4枚、有効期間は12月31日(火)までの1回限り。

ロケットの打ち上げも!?

10月13日(日)に開催される「龍勢祭」では、「西武秩父線開通50周年」のロゴマークを施したロケットを打ち上げます。打ち上げは13時30分ごろの予定です。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです