京急線ダイヤ改正詳細発表 羽田空港アクセス強化、モーニング・ウィング号増発も1号は当分の間運転休止

2019.09.26

「モーニング・ウィング号」「ウィング・シート」に使用する2100形 写真:京浜急行電鉄

京浜急行電鉄は9月26日、2019年10月26日に実施するダイヤ改正の詳細を発表しました。

【関連記事】
京急10/26ダイヤ改正_横須賀中央発モーニングウィング号1本増発、土休日にウィングシート新設
https://tetsudo-ch.com/9670953.html

「モーニング・ウィング号」増発も……

画像:京浜急行電鉄

平日の朝に横須賀中央駅始発の「モーニング・ウィング号」を1本増発します。乗車駅は横須賀中央駅、金沢文庫駅、上大岡駅。降車駅は品川駅。現行の「モーニング・ウィング」1号、2号はそれぞれ3号、5号に変更。

ただし、先日発生した踏切事故による車両破損のため、モーニング・ウィング1号は当分の間運転を休止するとのことです。

この他の平日ダイヤの変更点として、通勤・通学時間帯金沢文庫駅始発「特急 三崎口行」を神奈川新町駅始発に延長。羽田空港アクセス強化のため、朝ラッシュ時間帯の品川駅始発「エアポート急行 羽田空港行」を1本増発します。

「特急 三崎口行」を神奈川新町駅始発に延長 画像:京浜急行電鉄
「エアポート急行 羽田空港行」を増発 画像:京浜急行電鉄

ウィング・シートを新設

2100形8両編成(快特)の2号車にウィング・シートを新設 画像:京浜急行電鉄

土休日はオールクロスシート車両の2100形を使用し、一部快特列車の一両に座席指定サービスを新設します。

区間は泉岳寺~三崎口駅の上下線。乗車駅は下りが泉岳寺駅、品川駅、京急蒲田駅、京急川崎駅、横浜駅、上大岡駅の計6駅。上りが三崎口駅、三浦海岸駅、京急久里浜駅、横須賀中央駅、金沢文庫駅、上大岡駅の計6駅。降車はすべての快特停車駅で可能です。

座席指定券はウィング号やモーニング・ウィング号の乗車チケットを購入できるホームページ「KQuick」にて、乗車当日の4:30から発売。現金での取り扱いや駅での発売はありません。料金は300円です。

ウィング・シート(下り)時刻表 画像:京浜急行電鉄
ウィング・シート(上り)時刻表 画像:京浜急行電鉄

また、土休日の早朝時間帯に羽田空港国内線ターミナル駅始発の「快特 高砂行」を「エアポート急行 高砂行」に変更、空港線停車駅の利便性向上と混雑の緩和を図ります。

早朝時間帯に羽田空港国内線ターミナル駅始発の「快特 高砂行」を「エアポート急行 高砂行」に変更 画像:京浜急行電鉄

名称変更

平日の夕方・夜時間帯に品川駅から横須賀・三浦方面へ向かう下りウィング号は、10月28日から「イブニング・ウィング号」に変更。号数はすべて偶数に統一し、現行の1号を2号、以下4号、6号として、22号が最終便となります。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです