時速283kmで走る新幹線でも8K映像が楽しめるかも? 第5世代移動通信方式(5G)を活用して実証試験

2019.09.30

東海道新幹線への伝送試験風景(写真右が5G基地局) 写真:シャープ株式会社

シャープ株式会社は9月30日、株式会社NTTドコモおよびJR東海と連携し、高速走行中の新幹線に高精細8K映像コンテンツを伝送する実証試験を実施、これを成功させたことを発表しました。

実証試験が行われたのは9月1日(日)、3日(火)、5日(木)。静岡県富士市(三島駅~新富士駅間)において、JR東海が運行する東海道新幹線N700S確認試験車が用いられました。

試験内容は次の通りです。東海道新幹線沿線の3か所に実験用5G基地局を設置し、時速283kmで走行する新幹線に向けて、あらかじめ収録した高精細8K映像コンテンツを周波数帯28GHzの5G無線で送信。N700S確認試験車内に設置した実験用5G移動端末を介して、シャープ製の8K対応液晶テレビ<8T-C60AW1>に伝送したところ、走行中に接続する地上基地局が切り替わっても8K映像が途切れず表示されたとのことです。

実証試験構成イメージ 画像:シャープ株式会社
新幹線車内での8K映像表示の様子 写真:シャープ株式会社

ちなみにJR東海とNTTドコモは2019年8月24日(土)から9月7日(土)まで5G無線通信実験を行っており、シャープとの連携による高精細8K映像の伝送以外にも「最大データ伝送速度 1.0Gbps以上」「4K車窓映像のライブ中継」などの実験にも成功しており、この成功は高速鉄道における5G実験としては世界初のものです。

時速200kmを超える新幹線内でも大容量8K映像データを受け取れるのであれば、乗客向けの映像配信サービスなど新たな可能性が広がります。実用化はまだ先の話ですが、今後の展開が気になりますね。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです