JR北海道、観光列車に活用できる特急車両を製作 クリスタルエクスプレスやノースレインボーエクスプレスの後継車両として

2019.10.17

各編成イメージ 画像:JR北海道

JR北海道は10月17日、観光列車に活用できる多目的な特急車両を製作すると発表しました。

車両形式は261系5000代特急気動車。北海道を代表する花をイメージした「はまなす」と「ラベンダー」の2編成(各5両)を製作。クリスタルエクスプレスやノースレインボーエクスプレスの後継車両となります。

車両は「スーパー北斗」「スーパーとかち」で使用している261系1000代特急気動車をベースに、インテリアやエクステリアのデザインおよび一部設備を変更。

1号車各設備配置図 画像:JR北海道

1号車は定員26名。車内イベント等で料理を提供できるフリースペースや、地域の特産品などの販売に使える簡易的な販売カウンターを設置しています。その向かいには堀りごたつを備えた多目的室兼個室を備えており、こちらはテーブルを挟んで2名で利用できるようになっています。

フリースペースイメージ 画像:JR北海道
販売カウンターと多目的室兼個室イメージ 画像:JR北海道

2~5号車は客室となり、定員は200名程度。公衆無線LANが利用でき、座席にはコンセントを備えています。座席を向かい合わせにしたときもテーブルが利用できるようインアームテーブルを設置していますが、座席背面のテーブルも今まで通り使用できるとのこと。荷物置き場は各客室2か所に設置。さらに2号車に車いすスペースを2か所設置しています。

コンセントは座席中央のひじ掛け下部に設置 画像:JR北海道

「はまなす」編成は来秋2020年10月頃、「ラベンダー」編成は2021年4月頃から運転を開始します。特急「宗谷」などの定期列車のほか、年末年始の繁忙期・修学旅行の臨時列車としても運行。観光シーズンは「フラノラベンダーエクスプレス」など、観光地へのアクセス列車として運行します。

鉄道チャンネル編集部

【関連記事】
クリスタルエクスプレス、9月ラストラン――JR北海道
https://tetsudo-ch.com/9585845.html


LINEで送る

オススメ記事