ハワイ発 コリーンウィルコックス/シアトル発 レベッカスティーン/LA発 ジュリエットハートリー__いま国内高感度系が注目する3つのアート【フォトギャラリー】

2019.11.24

ハワイ・ホノルル発、サーフィンや海水浴、熱帯植物や花があふれるアクリル画を描くColleen Wilcox(コリーン・ウィルコックス)。

ロサンゼルス発、キャンバス、メタル、ダイヤモンドダスト、プレキシで世界的ブランドとコラージュする Juliette Hartley(ジュリエット・ハートリー)のAMOUR ART(アモア・アート)。

シアトル発、毎日の海、音楽、愛からインスピレーションを受けて水彩画で描くRebekah Steen(レベッカ・スティーン)の Goldfish Kiss(ゴールドフィッシュ・キス)。

―――いま、国内の高感度系が彼女たちのアートを追いかけ、Instagram や Tik Tok 、Twitter といったSNSで拡散し始めている。

なぜいま、彼女たちの作品が注目されているか。3つのアートを東京・恵比寿に集結させた「SPRING & SUMMER EXHIBITION 2020」(Five Create Limited co.,ltd)でその世界観を体感。彼女たちのアートをいろいろな角度から、チェックしてみて。

Colleen Malia Wilcox コリーン・マリア・ウィルコックス

(C) 2017, Colleen Wilcox Art.

ハワイ・ホノルルを拠点に活躍しているアーティスト Colleen Malia Wilcox コリーン・マリア・ウィルコックスは、島での生活や自然の美しさに魅了されながら、アクリル画を創作。

彼女の描くアートをまとったスマホケースが上陸した2017年に国内でブレイク。

コリーンは、サーフィンや海水浴、そして熱帯植物や花のあふれる風景を探し求めるアーティストで、アウトドアライフが大好き。

ハワイの海や山でみつけたシーンをモチーフに、鮮やかな色・オーガニックシェイプ・太い線を組み入れることにで、作品に彼女だけが持つ躍動感が宿る―――。

Rebekah Steen レベッカ・スティーン/Goldfish Kiss ゴールドフィッシュ・キス

(C) REBEKAH STEEN 2010–2019

シアトル在住のアーティスト、Rebekah Steen レベッカ・スティーンの水彩画が、かわいいプロダクトとコラボレートして日本初上陸。

その名も「Goldfish Kiss」。

「Goldfish Kiss」というアートシリーズ名は、彼女が幼少期のころに大切にしていたビキニがルーツ。

「ブラトップに2匹の goldfish が kiss してるシーンを再現したシンプルなもので、わたしはこのビキニが大好きで、どこへ行ってもこのビキニを着ていました。だからわたしは、熱帯のものすべてに対する愛をアートという形で表現するブランド名にも Goldfish Kiss と名付けました」

自然のなかを放浪する彼女は、海や山、音楽のある毎日で感じるインスピレーションを、アートで表現。彼女のプロダクトが満を持して日本に初上陸。東京・恵比寿でその世界観を体感できる―――。

Juliette Hartley ジュリエット・ハートリー/AMOUR ART アモア・アート

(C) 2018 AMOUR ART

ブリトニースピアーズをはじめ、ベンスティラー、アシュリーティーサデール、コリン・エッグレスフィールド、マイケル・ストレイハン、ドクターフィルの息子なども注目しそれぞれが所有している Juliette Hartley ジュリエット・ハートリーの AMOUR ART アモア・アート。

Juliette Hartley ジュリエット・ハートリーは、カリフォルニア・ロサンゼルスに拠点を置くアーティストで、ウルトラベルベットとアモアクチュールのクリエイティブディレクター。

彼女が手がける作品は、鮮やかなカラーとポップアートを手作業で繊細に、社会の執着を複雑に美しくアート上で表現したものばかり。

最も崇拝するブランド、シャネルのビンテージ コレクターでもある彼女は、世界中を旅して出会ったシーンとブランドロゴをコラージュした作品で、世界中から注目を集めている。

―――この3人のアーティストが描くプロダクトは、東京・恵比寿「SPRING & SUMMER EXHIBITION 2020」(Five Create Limited co.,ltd)で観て触れて、購入できる。レンタルスペースさくら恵比寿南での期間限定ショーケースだから、気になる人は早めにチェックを。

tokyochips編集部

こちらの記事もオススメです