中央新幹線 神奈川県駅(仮称)新設のための安全祈願・起工式が挙行

2019.11.22

安全祈願

本日、橋本駅付近にて中央新幹線「神奈川県駅(仮称)」新設工事の安全祈願と起工式が執り行われました。

神奈川県駅(仮称)建設予定地
駅建設の施工手順

神奈川県駅(仮称)は神奈川県の真ん中である橋本駅付近の地下に建設予定。交通の要所となっていることやロボット研究が盛んな街としてリニアとの相性も良いという理由から新設場所として選定されました。神奈川県では唯一の中央新幹線停車駅となります。

神事にて
切麻散米(きりぬささんまい)
鍬入れの儀(くわいれのぎ)を行うJR東海の柘植会長(写真左)と奥村組の奥村社長(写真右)

神事では祝詞奏上(のりとそうじょう)や切麻散米(きりぬささんまい)、鍬入れの儀(くわいれのぎ)などが行われ安全が祈願されました。

東海旅客鉄道株式会社 金子慎 社長

起工式でJR東海の金子社長は「大動脈機能を現存する東海道新幹線に加え二重系化し災害時等に備えたい。大きな期待を背負っているという責任を感じてる
地域の大きな発展にも寄与するものだと思っており、環境保全や地域との連携を大切にしながら工事を進めていきたい。」と述べられました。

祝辞を述べる神奈川県知事 黒岩裕治 氏

また、神奈川県知事の黒岩氏は「キャスター時代にリニアの実験線に乗って取材したことがあるので心から期待している。リニアの開通は国土強靭化にも重要な意味をなすと思う。工事が安全に無事に進むことを心から祈っている。」と中央新幹線誕生への期待を述べられました。

リニア中央新幹線

令和9年に品川~名古屋間が開通予定のリニア中央新幹線。次々と新駅が誕生し、駅周辺が活性化されますね。神奈川県の新しい窓口として賑わう日が楽しみです。

(記事:柏原美紀、写真:神森沙織)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです