相鉄線の駅そばは相州蕎麦【EKISOBA106】

2020.02.10

相鉄線全線全駅ぶらぶら探訪をしています。実はこの日は2日目、初日よりも先に登場しましたが相州蕎麦二俣川駅相鉄ライフ店です。(看板は「蕎麦」と漢字表記になっていました)改札口からは3分ほど離れています。入って驚いたのは店内が広いこと。夕方からは「軽く一杯」のお店にもなる様ですが、入って右側にちょっと高いカウンター席が7~8席、左は低いカウンター席とテーブル席(20人くらいは入れそうでした)。一升瓶が並んでいるのも駅そばっぽくありません。残念ながら店内の写真を撮っていません。

この日は、朝9時に横浜駅を出発して平沼橋駅から西谷駅まで各駅に降りて撮影、さらに羽沢横浜国大駅まで行ってきましたが、駅そばは発見できませんでした。和田町駅には2019年(令和元年)3月まで相州そばがあった様ですし、天王町駅にも相州そばがあったらしいのですがいずれもなくなっています。

それで二俣川駅に来た時は14時近くなっていて、空腹はピークでした。ミニ天丼セット(690円)をお願いしました。

相州蕎麦は発券機がなくて、直接おばちゃんにオーダーして現金を払います。見ていたらSuicaなどICカードも使用できる様でした。薬味のネギが小皿に盛って出てきます。最初は気が付かず「すみません、おネギ入れてください」と言ったら、おばちゃんがドサッと入れてくれました。

初日は別の相州そばで食べたのですが、この店の方がそばつゆが上品というか出汁が効いています。これならウドンにも合いそうです。かき揚げは揚げ置きですがサクッとしていてなかなか美味しい。一度暖かいそばつゆにつけて丼に戻したら速攻でバラバラになっちゃいました。

オナカいっぱい、超満足しました。

(写真・記事/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです