ひらがなの相州そば【EKISOBA107】

2020.02.18

実は、今回、相州そばを初めて食べました。前回の「漢字の相州蕎麦」は相鉄撮影2日目、今回は初日のお昼ご飯です。朝9時に横浜駅をスタートして各駅停車で海老名駅まで前面展望を撮影した後、各駅で下車しながらさがみ野駅に来たのがお昼の12時過ぎ、ちょうど昼食の時間だったのです。

今回は「ひらがなの相州そば」です。「漢字の相州蕎麦」よりも値段設定はいくぶん安くなっています。単純にかけそば(かき揚げ天)が、「漢字」は320円(440円)に対して「ひらがな」は280円(390円)、・・・という違いがあります。今回は、季節メニュー「鴨のハリハリそば」(490円)をいただきました。

このお店も券売機は無く、直接カウンターのおばちゃんにオーダーしお金を払います。程なく出てきました。

「ひらがな」相州そば、なかなかグッドです。鴨は柔らかいし、ちょっと濃いめの醬油出汁がハリハリ菜にヨク合います。麺もふつーのゆで麺ですが、これは駅そばの王道ですから。十分満足しました。美味しかった!

(写真・記事/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです