「志国高知 幕末維新号」京都鉄道博物館で特別展示 1/28~3/1

2020.01.21

幕末維新号に使われたキクハ32形

2019年11月30日(土)をもって運転を終了した「志国高知 幕末維新号」のキクハ32-501とキハ185-20が、およそ1ヶ月にわたり京都鉄道博物館に展示されます。

展示期間は2020年1月28日(火)~3月1日(日)。1月28日(火)の11時頃に展示場所となる「車両のしくみ/車両工場」エリア(本館1F)へ入線予定です。

入線時は京都鉄道博物館の公式キャラクター「ウメテツ」のほか、JR四国のイメージキャラクターである「すまいるえきちゃん」、高知県観光キャラクターの「坂本龍馬くん」も来場します。

展示期間中には車内公開や、運行期間中に「志国高知 幕末維新号」にて車内販売などを務めた地元高校生によるガイドも行われます。

【関連記事】
ラストランイベントの様子
https://tetsudo-ch.com/9922206.html

関連イベント

〇車内公開

1月28日(火)13時30分から16時00分。
1月30日(木)・31日(金)並びに2月1日(土)~3月1日(日)の土休日。各日11時00分~12時00分、13時30分~16時00分(最終受付)まで。ただし2月1日(土)の13時30分~16時00分までは地元高知の高校生によるガイドを車内で実施するため、車内への入場は整理券をお持ちの方のみ。

〇地元高校生によるガイドの実施

2月1日(土)13時30分、14時30分、15時00分、15時30分(各回10分程度)。ガイド開始時間の30分前から、展示車両付近にて先着50名に整理券を配布。ガイド体験は整理券所持者のみ。

その他にも高知発祥の「よさこい」の実施、「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」の紹介、坂本龍馬をはじめとする幕末の志士たちの展示、高知県観光情報の紹介等が行われます。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです