JR東日本グループが不動産ファンドビジネスに参画、不動産事業人材を育成

2020.02.18

JR東日本、ジェイアール東日本ビルディング、みずほフィナンシャルグループは、不動産ファンドビジネスへ参画。2月に私募ファンド1号を設立した。

1号ファンドの名称は合同会社 JREAST ファンド第1号。規模は約50億円。出資はJR東日本、ジェイアール東日本ビルディングほか。アセットマネジメントはみずほ不動産投資顧問。

JR東日本とジェイアール東日本ビルディングは、同ファンドへのエクイティ出資をはじめ、さまざまな側面から主体的に関与。

JR東日本グループが持つ駅を中心とした不動産開発についてのノウハウと不動産金融ビジネスの知見を融合することで、JR東日本グループの不動産事業の拡大させる構え。

また、不動産ファンドビジネスに精通した人材を育成するため、JR東日本グループからみずほフィナンシャルグループへ人材を派遣。

みずほフィナンシャルグループからジェイアール東日本ビルディングに人材を受け入れることで、ノウハウの相互共有と不動産ビジネスの強化を図る。

画:鉄道チャンネル


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです