6/17、東京駅に新改札口や待合空間が誕生 新商業施設「グランスタ東京」も開業

2020.02.20

JR東日本および鉄道会館は、東京駅北通路整備として進めてきた新たな待合空間、改札口、改良通路、バリアフリールートの供用を2020年6月17日(水)より開始すると発表しました。

待合空間「スクエア・ゼロ」は地下1階にオープン。吹き抜けのあるシンボリックな空間にデジタルサイネージを設置し、四季折々の季節感を演出するだけでなく、着席を基本とした待合機能を強化します。日本の魅力を発信するイベントも行われる予定です。

地下1階の待合空間「スクエア ゼロ」

新改札口「グランスタ地下北口」は北地下自由通路に直結。改札口周辺にクローク機能も設置することで利便性が向上します。

地下1階の新改札口「グランスタ 地下北口」イメージ ※実際と異なる場合があります

丸の内北口と八重洲北口の1階改札内を結ぶ「北通路」の改良により、通路幅員は6.7mから12.0m、天井高は2.2mから2.6mに。山手線や京浜東北線、上野東京ラインへ向かうエレベーターも整備されます。

地下1階 青色の部分が新商業エリアになる
1階 こちらも青色の部分が新商業エリア

「グランスタ東京」も開業

同日は北通路周辺整備によって新たに生み出されたスペースにエキナカ商業空間「グランスタ東京」が誕生します。

グランスタ東京通路イメージ ※実際とは異なる場合があります

店舗面積は約6,500平米、新規出店は66店舗。「Debut in Tokyo Station~そこにいけばきっと何かがある~」をコンセプトに駅改札内に多彩なジャンルの30店舗を越える飲食店が登場し、待ち合わせ・乗り換え時間をゆっくりと過ごせる空間を提供します。

鉄道チャンネル編集部
画像:鉄道会館


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです