2023年、「うめきた(大阪)地下駅」が「大阪駅」として開業

2020.03.25

イメージパース

JR西日本は25日(水)、「うめきた(大阪)地下駅」の駅名を「大阪駅」とすることを明らかにしました。

一瞬混乱してしまいそうになりますが、2023年に開業が予定されている「うめきた(大阪)地下駅」を大阪駅西側にできる「大阪駅 新改札口」と地下でつなぐ改札内連絡通路の整備を行うことで「大阪駅の一部」となるため、駅名称も「大阪駅」になる、ということのようです。なお、JR西日本のリリース等では「うめきた(大阪)地下駅」の呼称も引き続き使われるとのこと。

改札内連絡通路は2020年夏頃に着工。2023年春に「うめきた(大阪)地下駅」を「大阪駅」として開業し、改札内連絡通路を供用開始するほか、大阪駅 新改札口の暫定供用を開始します。

JR西日本は東海道線の支線地下化や新駅設置事業、うめきた2期地区開発計画など、 大阪駅西側地区を中心に周辺地域との一体的なまちづくり計画を進めており、「うめきた(大阪)地下駅」の開業並びに2031年に予定されている「なにわ筋線」開業により関西空港・和歌山方面をはじめとした広域ネットワークへのアクセスが充実し、大阪駅の利便性がより高まるものとしています。

鉄道チャンネル編集部
画像:JR西日本


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです