テレワークに朗報! 三通テレコムサービス、会社の固定電話番号をスマホで発着信できるシステムを無償提供へ!

2020.04.08

テレワーク化が加速化するいま、社内固定電話番号を在宅勤務中や外出先の社員のスマートフォンなどで発着信できるクラウド電話サービスが注目を集めている。

なかでもクラウド電話サービス「クラコールPBX」を展開する三通テレコムサービス(届出電気通信事業者)は、きょう4月8日から6月30日まで、初期費用に加え、月額基本料金も無料とする「テレワーク応援キャンペーン」を実施。緊急事態宣言で増加するテレワークを支援する構え。

この「クラコールPBX」は、会社の固定電話番号(ビジネスフォン)の機能を、クラウド上で利用できる電話サービスで、手持ちのスマートフォンをビジネスフォン化することで、自宅や外出先にいても、顧客からの着信応答が会社にいるのと同じように対応できる。

また、折り返しの電話も固定電話の番号で発信することができる。

クラウドサービスであることから回線工事の必要もなし。主装置(PBX)の設置、席替え時の保守など、運用コストも大幅に削減できる。

申込手続きは WEB から3ステップ。まずはアカウントを作成(1)し、ユーザー管理画面で内線の発着信・転送・端末設定などを無料テスト(2)、無料テストを経て本導入(3)という流れ。

7月末に公衆PHSサービス終了、クラウド電話サービスに移行するチャンス

「クラコールPBX」の通常費用は、基本料1ユーザーあたり月額980円。5ユーザーまで有料で最大4900円。6ユーザー以降は100台利用しても月額基本料金は無料。新たに発番される電話番号使用料(03・050など)は1番号 月額100円。いずれも初期費用は無料。

三通テレコムサービスがきょう4月8日から6月30日まで打ち出す「テレワーク応援キャンペーン」は、これらの月額基本料も無料に。

システムを無償で利用でき、実際に利用する通話料のみ(固定電話へ3分8円・携帯電話へ1分16円)かかるというイメージ。

「クラコールPBX は、テレワーク環境でもビジネスチャンスを逃さず、顧客に不便をかけることなく、従業員の携帯電話番号を使うことなく、プライバシーも守ることができるサービス」と語るのは三通テレコムサービス 邱利励代表取締役。

「2020年7月末には公衆PHSサービスが終了し、医療機関や学校などでも、その代替としてもクラウド電話サービスは有用。この無料期間にクラウド電話サービスを試してもらいたい」

<クラコールPBXテレワーク応援キャンペーン>
https://pbx.clocall.jp/tellwork/

こちらの記事もオススメです