東京メトロ、ロボット活用で駅構内消毒の実証実験 課題は「高さの自動調節」にあり

2020.06.17

無人警備・消毒ロボット「PATORO」

東京メトロは2020(令和2)年6月12日(金)終電後、有楽町線月島駅でロボットを活用した駅構内消毒の実証実験を実施した。

新型コロナウイルス感染症の感染予防対策として、同社は駅社員や清掃員による駅構内設備の消毒を実施している。今回はこれをより効果的・効率的なものとするためロボットを用いて実験を行った。

実証実験で使用したのは株式会社ZMPが開発した無人警護・消毒ロボット「PATORO」。自律移動技術を応用し、人が歩行する程度の速度で走行する低速自動運転ができるほか、予め設定されたルート上を障害物を避けたり一時停止したりしながら安全に走行する機能も有している。

東京メトロは電動噴霧器による消毒液散布機能とロボットが取得したセンサー情報を組み合わせ、消毒液が対象物に散布されることを確認。一方で、消毒液散布高さの自動調節が出来ないなどの諸課題も抽出されたという。なお、券売機、改札機、昇降機等の精密機器については消毒液の噴霧による故障の影響を考慮し消毒対象外となっている。

有楽町線月島駅構内図 化粧室内の手すりや券売機付近のカウンターなどが消毒対象

鉄道チャンネル編集部
画像:東京メトロ


LINEで送る

オススメ記事