新幹線大井車両基地に留置中のN700S 首都高湾岸線からみえた【動画】

2020.06.23

輸入車を想わせるコンビランプ、その後ろに青いアイライン ――― N700S。

↑↑↑動画は6月20日、羽田空港第3ターミナルへと走る京急空港リムジンバスのなかからみえた新幹線 新型車両 N700S。

首都高湾岸線の東側に広がる広大な車両基地、新幹線大井車両基地に留置中のN700S。

このN700Sはまず、4本が7月1日から営業運転に入る。2022年度までに40本をそろえ、既存のN700系を古い順に置き換えていく見込み。

新幹線大井車両基地は、東京モノレール大井競馬場前駅から歩いて20分。歩道からこうした光景をながめられる。

現場には商業施設などもないから、人の姿もあまりない。3密を避ける鉄道沿線散歩にはいいかも。

鉄道チャンネルでは、N700S試乗会や車内公開にも参加。関連する記事を20記事以上アップ中。こちらもあわせてチェックを。

<新幹線 N700S 特集>
https://tetsudo-ch.com/?s=N700S

<現場付近Googleマップ>
https://www.google.com/maps/@35.6056479,139.7553363,93a,35y,164.58h,68.64t/data=!3m1!1e3

――― 鉄道チャンネル公式YouTubeでは、鉄道沿線旅からテクノロジー分野まで、あらゆる角度から取材し動画で公開中。チャンネル登録を。
https://www.youtube.com/channel/UCEU1PILeEG2tUBHMURn7BBg


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです