「THE ROYAL EXPRESS ~HOKKAIDO CRUISE TRAIN~」8月28日出発回から運行開始 当選倍率は平均約8.2倍 東急・JR北海道

2020.06.30

THE ROYAL EXPRESS

東急とJR北海道は「THE ROYAL EXPRESS(ザ ロイヤルエクスプレス)」の北海道における運行について、8月28日(金)出発回から運行すると発表した。

「ザ ロイヤルエクスプレス」の北海道運行は2020年夏に計5回予定されていたが、初回と2回目は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止。3回目の8月28日(金)発からとなった。

旅行代金はお一人さまあたり68万円(税込)と高額ながら、2020年の募集枠150名(1回あたり30名)に対し、当選倍率にして約8.2倍に相当する計1,232名の応募があったという。

この反響を受け、北海道の更なる観光振興と地域活性化を目指し、2021年にも当初予定から更に2回増やした計7回北海道での運行を実施する。本年1回目、2回目の運行に参加を予定していた方の乗車分については2021年のツアーに振り替えを行う予定であるという。

【関連記事】
「THE ROYAL EXPRESS ~HOKKAIDO CRUISE TRAIN~」クルーズプランを発表&北海道ver.の乗車会レポ
https://tetsudo-ch.com/10009984.html
旭川運転所の DE15 1542 がまっ黄色に! 北海道ロイヤルエクスプレスけん引機か
https://tetsudo-ch.com/10317438.html

ザ ロイヤルエクスプレスはなぜ北海道で走るのか?

「ザ ロイヤルエクスプレス」は伊豆急行2100系5次車「アルファ・リゾート21」を改造した観光列車。「美しさ、煌めく旅。」をコンセプトに水戸岡鋭治氏がデザインを手掛けた。

東急とJR北海道は北海道胆振東部地震の影響を受けた同地の観光振興と地域活性化のため、「ザロイヤルエクスプレス」を北海道で走らせる計画を打ち立てた。

同列車は直流電車であるため、そのままではJR北海道の交流電化区間や非電化区間を走行できない。そのため、昨年7月にはJR東日本から東急へ電源車「マニ50 2186」(ゆうマニ)が譲渡されるなど、着々と準備が進められてきた。

【関連記事】
JR東日本の電源車「マニ50 2186」が東急電鉄へ 2020年には北海道で「THE ROYAL EXPRESS」が走る!
https://tetsudo-ch.com/8669073.html

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです