JR貨物、北九州~熊本 八代/福岡~鹿児島 川内をトラック代行輸送

2020.07.18

JR貨物は、令和2年7月豪雨の影響による鹿児島線 不通区間などで、トラック代走輸送を実施する。

鹿児島線や肥薩おれんじ鉄道線で影響を受けている区間は、玉名~肥後伊倉(土砂流入)、木場茶屋~串木野(土砂流入)、上伊集院~広木(土砂流入)、肥後高田~日奈久温泉(土砂流入・道床流出)、海浦~佐敷(土砂流入)、津奈木~新水俣(道床流出)、湯浦~津奈木(道床流出)など。

JR貨物の貨物列車 運転中止区間は、鹿児島線・肥薩おれんじ鉄道線 鳥栖貨物ターミナル~鹿児島貨物ターミナル。

1日あたりの貨物列車の運転本数は12本(6往復)、復旧の見込みはたっていないことから、トラックによる代行輸送を実施する。

7月20日以降は、日曜日をのぞく月~土曜日に、北九州貨物ターミナル~熊本・八代で150個程度/日、福岡貨物ターミナル~鹿児島貨物ターミナル・川内で110個程度/日の代行輸送させる計画。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです