渋谷駅東口 雨水貯留施設 8月31日供用開始、集中豪雨や浸水時に4000m3空間へ雨水を一時貯蔵

2020.08.19

道玄坂や宮益坂と四方が上り坂に囲まれた街―――渋谷。

そんな茶碗の底にあるような街、渋谷の地下に新たな雨水貯留施設が動き出す。

渋谷駅東口雨水貯留施設。8月31日から供用を開始する。管理は東京都下水道局。

東急と都市再生機構が渋谷駅街区土地区画整理事業の共同施行者として建設した空間で、浸水対策や、近年増加している集中豪雨などに備える。

この渋谷駅東口雨水貯留施設は、渋谷駅東口広場の地下約25メートルの深さに位置する、南北約45メートル・東西約22メートルの大規模構造物で、約4000立方メートルの雨水を一時的に貯水できる。

1時間あたり50ミリを超える強い雨が降った場合に取水され、天候が回復した後にポンプで既設下水道幹線へ排水する。

また、降水量にあわせた貯水ができる構造とし、清掃範囲を限定できるほか、流入時の水流の勢いを抑えるドロップシャフト(らせん状の水路)を採用し、施設底部の劣化を防止。脱臭・換気設備を設置するなど、効率的な維持管理に配慮し整備した。

すり鉢状の地形の渋谷駅周辺は、降雨時の雨水が溜まりやすいという課題があった。その課題を解決するため、本事業の一環として、2011年2月に工事着手、2014年8月の掘削完了後から本設工事に順次着手し整備してきた。

整備工事は、同施設地上部が交通広場のため、歩行者や車両・路線バス、鉄道駅や歩行者デッキなどに影響を与えないよう細心の注意を払いながらすすめてきた。

また、渋谷駅周辺の再開発は、道路事業や鉄道改良事業、ビル開発事業など多くの事業が同時進行で工事がすすんでいたため、各事業者や所管行政など関係者間で綿密な調整を図り工事完了へとこぎつけた。

今後は、駅前広場や歩行者デッキ、バスターミナル、タクシープールなどの都市基盤施設の整備をすすめていく。


  
  
  
  
  

鉄道チャンネルyoutubeは動画コンテンツを、平日毎日更新中!

水曜日18時は、LINE LIVE「しゃべ鉄気分!」を同時生配信!

ぜひチャンネル登録を!

◆鉄道チャンネル公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCEU1PILeEG2tUBHMURn7BBg

◆LINE LIVE「しゃべ鉄気分!」
https://live.line.me/channels/576

◆鉄道チャンネル公式YouTube「しゃべ鉄気分!」
https://www.youtube.com/watch?v=SqnggNAKNcQ&feature=youtu.be

◆鉄道チャンネル/tokyochips サブアカTwitterは 記事配信のほか グルメや街ネタ ガジェット 試してみた系いろいろ投稿中!
https://twitter.com/tetsudo546


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです