東武スカイツリーライン 竹ノ塚駅付近上り急行線高架区間 9月使用開始

2020.09.01

竹ノ塚駅付近の高架橋(施工中) 画像:東武鉄道

東武鉄道は9月26日(土)始発より、東武スカイツリーライン 竹ノ塚駅付近(西新井~谷塚間)上り急行線高架区間の使用を開始する。

竹ノ塚駅付近では足立区が事業主体として連続立体交差事業を推進している。工事は2012年3月に始まり、2016年5月に下り急行線の高架化が完了した。

東武鉄道が8月25日に発表した設備投資計画によれば、同社は上下急行線の高架化後は上下緩行線高架橋の工事を推進し、2021年度の踏切解消、2023年度の事業完成を目指すという。

東武伊勢崎線(竹ノ塚駅付近)連続立体交差事業(完成イメージ) 画像:東武鉄道
東武伊勢崎線(竹ノ塚駅付近)連続立体交差事業 駅部横断面(完成イメージ) 画像:東武鉄道

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです