車両形式「FV-E991系」、愛称「HYBARI」 JR東日本、水素エネルギーのハイブリッド車両(燃料電池)試験車両開発へ 日立・トヨタと合意

2020.10.06

画像:JR東日本

東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)、株式会社日立製作所(以下、日立)、トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、水素を燃料とする燃料電池と蓄電池を電源とするハイブリッドシステムを搭載した試験車両の連携開発に合意した。

JR東日本は「鉄道車両の設計・製造の技術」、日立は「JR東日本と共同開発した鉄道用ハイブリッド駆動システムの技術」トヨタは「燃料電池自動車MIRAIや燃料電池バスSORAの開発で培った燃料電池の技術」を有している。この3社の技術を融合させ、高出力な制御を目指したハイブリッド車両を実現する。

車両形式は「FV-E991系」、愛称名の「HYBARI」は「ひばり/HYdrogen-HYBrid Adavanced Rail vehicle for Innovation」の頭文字をとる。「変革を起こす水素燃料電池と主回路用蓄電池ハイブリッドの先進鉄道車両」をイメージし名称を決定したという。

HYBARI外観イメージ 画像:JR東日本

試験車両は2両×1編成で最高速度は100km/h、航続距離は最大で約140km。外観は燃料電池の化学反応から生まれる水を碧いしぶきと大地を潤すイメージでとらえ、スピード感と未来感を持たせた車両デザインになった。ロゴデザインは春の訪れを告げる鳥のひばりや車両に新しいエネルギーを吹き込むイメージから。

ロゴマークイメージなど 画像:JR東日本
HYBARY試験車両主要諸元 画像:JR東日本

2022年3月頃に鶴見線、南武線尻手支線、南武線(尻手~武蔵中原)で実証試験を行う。実施に当たっては神奈川県、横浜市、川崎市の協力を得て環境整備をしていく。

試験区間 画像:JR東日本

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです